過去の金融トラブルも調べる

信用力がカードローンの審査に影響する

カードローンの審査で重視されるのは今現在の信用力です。20歳以上で安定的収入を得ていることを前提とし、勤務先や勤続年数・他社借入状況などが重視されます。また過去の金融トラブルも調査され、ここは嘘をついてもバレてしまう部分です。消費者金融は個人信用情報機関に申込者の情報開示請求をするため、延滞や債務整理などのトラブルがあれば発覚します。現在においてブラックリストに登録されている場合、審査に通過することはありません。10万円以内の少額の申し込みで審査に落とされる場合、過去の利用履歴が健全ではないと考えられます。もしくは他社借入金額・件数が多い、総量規制による貸付範囲である年収の3分の1を超えている、といった理由もよくあります。

少額融資なら即日で借りられる可能性が高い

過去に延滞をしていた方は信用力が低いため、カードローンで即日融資を受けるときは無理をせず少額融資を意識してください。カードローンの審査の難易度は、希望額によって大きく変わってきます。希望額が10万円と30万円ではハードルが違うため、即日で借りたいときほど少額に抑える工夫が必要です。過去の金融トラブルは隠してもバレますが、時間が解決してくれる問題でもあります。債務整理をすると5~10年間はブラックリスト入りしますが、永久的に登録されることはありません。過去を変えることはできませんから、また一から信用力を構築していきましょう。安定的な収入を得ること、毎月延滞せずに返済を続けることで信用力は向上していきます。信用力が上がれば将来的に高額融資を受ける道が開けてきます。