限度額の範囲で何度でも利用できる

カードローンは借入限度額内であれば何度でも利用できる

カードローンは限度額内であれば何度でも借入や返済をすることができます。自動車ローンや住宅ローンのような目的ローンだと目的に応じた利用しかできません。また追加の借入もすぐに行うことができないという特徴があります。しかしカードローンは個人の信用を審査してお金を貸しているので、限度額の範囲内であれば返済の途中で再度借入を行うことができます。ただし利用者は初めから限度額内ギリギリまでお金を借りられるわけではありません。限度額とはカードローンとしての限度額であり、実際にお金を借りることができる金額は借入限度額になります。借入限度額はカードローンの審査時に決定されますが、一般的に借入限度額のことを限度額というので初めて借入をする人は勘違いしてしまうことが多いです。

借入限度額を上げるにはどうすればいい?

借入限度額を上げるためには、返済期日と返済額をきちんと守ることが大切です。返済日を守りながら推奨返済額かそれよりちょっと多い金額を返済していくことによって、金銭的に余裕があり性格もしっかりしていると判断されるので、借入限度額が上がる可能性があります。他にも頻繁に借りたり返したりする方法も借入限度額を上げるのに有効です。金額に関わらず借金と完済のサイクルを何度もくり返しているとしっかりした人だと判断され限度額が上がる場合があります。年収を上げることも借入限度額を上げるのに最適です。特に消費者金融は総量規制があるので、年収を上げれば上げただけ限度額が大きくなる可能性があります。このような点を踏まえて借入限度額を上げるようにしましょう。